永遠を焦がれるままに。A writer;美城丈二Another face綾見由宇也
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
土に還った美麗
2007-02-03 Sat 18:12
 野に咲く花が開くとき
 もう愛でるなんてことは止めようよ
 野に咲く花が熟れるとき
 もうもぎるなんてことは止めようよ
 野に咲く花は野に咲く花らしく
 誰にも知られずひっそりとうごめいていたいのだ
 野に咲く花には可憐も美麗もないのさ
 名も無き花はきっとささやかにしおれてしまいたいだけなんだ
 僕はなんにも知らないさ
 僕はなんにも知らないよ
 野に咲く花が
 あるとき土に還ったことも
スポンサーサイト
別窓 | 或る、ささやかなる(呟きという名の)詩篇 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
| 美城丈二@魂暴風;Soul storm*a dawn note |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。