永遠を焦がれるままに。A writer;美城丈二Another face綾見由宇也
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
掌編稿『歩まぬ記』
2006-11-22 Wed 07:46
 紅い火の粉が舞う。たとえばこれを僕は捉(とら)えきれない。何故ですって?言うまでも無く、僕は臆病者、だから。
 さや青空の、貫(ぬ)けた先。たとえばそれを僕は、従えきれない。何故ですって?言うまでも無く、僕はいまを欲しがるひと、だから。

  生きていたいのです。
  出来れば、限りなく。
  僕は、いついつまでも、
  生きていたいのです。
  誰よりも、そう、なのよ、
  そう、です、誰よりも。
 
 けれど、もう、辛(つら)い。酷過ぎる。
 僕は自由、では無い。全く、もはや生きてはいない。
 緑の大地は、どこの育ちのひとの物!?
 僕の身辺、騒がしくって厭になる。
 白雪のゆらゆら、漂う丘。僕は、いまをここに棲む。僕はそんな情景の、ほんのその、白雪に溶けいりたいと心底、思案、した次第です。
 からから、紫半纏(はんてん)を着た老婆が傍らを、通る。手押し車を引きながら。「あら、どちらまで?」
 僕は、振り向いて「・・・・・・」
 そう、発してあと、その二キロ先で、その白雪に成る。
 酷寒、地獄、阿弥陀様。あんなにまで虐げられて、苛められて、「うざい、寄るな、驕るな」と云われ続け、もう、僕は、生きてはいられません。
関連記事
スポンサーサイト
別窓 | 美城丈二“あの頃を憂う、いくつかの掌編物語” | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<掌編稿『今宵の月のように、雨もまた』 | 美城丈二@魂暴風;Soul storm*a dawn note | 掌編稿『実は、‘天使’は恒に嗤っている』>>
この記事のコメント
top↑
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
top↑
| 美城丈二@魂暴風;Soul storm*a dawn note |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。