永遠を焦がれるままに。A writer;美城丈二Another face綾見由宇也
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
掌編稿『揺れている、影。』第四稿
2006-12-01 Fri 17:05
 
 揺れていた、影。その心だけが揺れている。

 ある時、歓楽街に逃げ込まずだんまり独りっきりも飽いてきたので、神楽坂の叔母の元へと駆けてみた。
 「ご在宅ですか?」案内に出た女中さんに願いでると、奥座敷からかさらさらと何か擦れる音がして、いつ見ても子気味良いほどの着こなしの叔母が現われた。どのような織物かは知れぬ。白足袋がちゃんと品を装っている。
 「どうも、です」
 僕は、僕らしく行儀良く、笑顔を湛えた。僕は本来、きっとそう、なのに一体、いつからこうも、作法なるものを忘れたのだろう。悲しく、なった。
 「最近、どうお?そっちの方?」
 叔母は変わらず世辞を言う。
 「いや、教師なんて、なるもんじゃなかった」
 「あら?、また、そんなことを言って・・・。らしく、ないこと」
 くすくす嗤われて、僕も何か足の裏でもくすぐったいような気分に陥る。僕は幼い時分から、この叔母に育てられた。天涯孤独、というわけでもない。
 「もう、日暮れ時分よ。今日くらい、上がってゆっくりしていけば?」
 叔母はまた、そういう優しい呟きを漏らすが、僕はしばし、また、思案し、丁寧にお辞儀をして踵(きびす)を返した。
 「また、来ます」
 これまで多重人格と疑われるくらいにいろいろなものに興味、嗜好をそそられたが、いまは別に何がしたいだとか、何かを欲するだとか、まず性急さが無い。
 学生の情緒を育んでやるべき立場の者が、こうなのだから、この未来も末、かな!?・・・
 などと、もう想うことさえくだらない感覚を僕の中に巣くわせるのだから、僕もちょっとどうかしている。ただ、叔母に人目逢って、ほっと安心したことはやはりよほどの事実だった。
 さて、このさぼり、なんて教頭に言い訳、しようかな?揺れている、影。

関連記事
スポンサーサイト
別窓 | 美城丈二“あの頃を憂う、いくつかの掌編物語” | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<かつての‘破廉恥’な恋人たちと未来の‘異業なる’詩人たちへ | 美城丈二@魂暴風;Soul storm*a dawn note | 掌編稿『揺れている、影。』第三稿>>
この記事のコメント
top↑
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
top↑
| 美城丈二@魂暴風;Soul storm*a dawn note |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。