永遠を焦がれるままに。A writer;美城丈二Another face綾見由宇也
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
掌編稿『揺れている、影。』第十稿
2007-01-10 Wed 17:21
 
 揺れていた、影。その心だけが揺れている。
 
 頬を危(あや)めた傷と取り押さえる際に刺された右肩付近から噴出した血痕を、さも傍目に見やるかのように立ち上がったまでは覚えているが、その後、去っていく警官の後ろ姿を一瞥した辺りから、まったく記憶が定かでは無い。

 ‘人形町に有る雑貨屋のレジでバイトをしていたあいつを始めて見知ったのは、僕が二十歳(はたち)の学生時分の頃、だった。あいつは、ありふれた、どこにでもいそうな女性だったけれど、僕が購入しようと差し出したアンティ-クな感じの女の子が傘を立て本を読んでいる置物に、こちらのセンスにくすっと同意とも取れる微笑を湛えて、「贈り物、ですよね?」と尋ねてきた。僕は恥ずかしがることもなく「いや、ただ、可愛いから、いいかなっと想って」と呟き返したけれど、アハッ、とあいつはまた好意的な笑いを覗かせ、そそくさと包装紙に包んでくれた。
 そんなあいつが、僕の女の子を産んだ。僕にやがて離婚届けを突きつけた。’
 
 ひとというものは、何故、あんなにも焦がれた恋にあっさりと終止符を打てるものなのか?
 
 意識が覚醒し、目覚めると僕は、夢に見た、あの頃がまるで他人事のように感じられて空しかった。だが、この病室の、この横たわる僕の傍らにいる女の子はなんと説明したら、良いものだろう。
 あの、もなみであった。
 「・・・先生。勇気、あるじゃん」
 いまだかつて見たことの無いもなみの、そのふくよかな微笑が飛び込んできたとたん、僕は止め処(ど)ない滂沱の涙を流さずにはいられなかった。

 みな、揺れている。僕もまた揺れ続ける。
 (あれでお終いじゃあ、なかったのか・・・)
 これのちも揺れ続けねばならないのだろう。またあの大海原さえ、呼んでいる。

           物語稿『揺れている、影。』了
関連記事
スポンサーサイト
別窓 | 美城丈二“あの頃を憂う、いくつかの掌編物語” | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<掌編稿『東京』The latter part | 美城丈二@魂暴風;Soul storm*a dawn note | 掌編稿『揺れている、影。』第九稿>>
この記事のコメント
top↑
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
top↑
| 美城丈二@魂暴風;Soul storm*a dawn note |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。