永遠を焦がれるままに。A writer;美城丈二Another face綾見由宇也
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
文学青年、この「砕けぬ」先の古本屋街。
2006-08-08 Tue 22:30
 東京、神田、神保町。
 そこは僕のかつての「楽園」だった。
 僕は二十歳。なにものかにさえ「屈せぬぞ」と息巻く、青臭い田舎出の文学青年だった。
 どこか夢見がちで、けれどとことん、
 「書くもの」で自身を鼓舞したりけなしたりと、まあ、とにかく、自分でもいま、振り返って呆れるほど、「文学者然」を気取っている時期でもあったような気がする。

 僕は、自分に迷いが生じたり、勿論調べたいことがあったりすると、あの頃、間違いなく、神保町行きの地下鉄に乗っていた。
 着くなり、片っ端から、本屋をしらみつぶしに巡っていく。
 僕はああいった場所でも、どこか立ち読みが出来ぬ性質だったので、いつもその帰りは、古本をやまのように抱えて文字通り、「ふうふう」言いながら、帰路に着いたものだった。

 当時の彼女からは、「そのうち、古本で身動き出来なくなるよ」とよく笑われたものだけど、あの頃が最も僕がどんよくに、何かを吸収したいと想っていた時期でもあったろうと想う。

 いまでも、あの町は変わらないと聞く。「次代の革命家と哲学者、冒険家と文人、詩人と、さて、ペテン師、偽善家と経済学者、医者に粋人、果ては世捨て人と立役者・・・」、様々な後続の世代が行き来する通り」でもあろう、神保町は、いまだに遠く古里にあっても色あせない、輝きを僕に与えてもくれる。


 あの頃、僕はひとにどこか剣呑であった。本の中に埋没、していた。けれど、それも疑いようの無い、まして、紛れも無い、僕だけの「青春譜。」
 どこか、放浪者然とも、していた。
 「出来るなら、この身、この町で消滅したい。」とも想い焦がれた時期にも重なっている。
 僕は、決まって凛としていた。僕のこの頭の中に思想がいっぱい詰まっていた頃のお話しです。
 
関連記事
スポンサーサイト
別窓 | 物言う、僕。いまを生きる。 | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
<<『恋闇』物語稿1・美城丈二 | 美城丈二@魂暴風;Soul storm*a dawn note | 孤独という名の通念‐小難しい理屈はともかくとして。>>
この記事のコメント
 あの時代をものするとなると、やはり僕の心は疼きますね。つらくつらくほんとにつらい(笑)時代だったろうに、僕のいま現在の惑いを想うと、あの時代の方が素直に良かった、なんて想えてしまうのは何故でしょうね。「ときの魔術師」はこれだから、厄介者なのです(笑)。まっくさん、僕の人生に、芯から愉しい時代なんていつになったら来るんでしょうね?(笑)。いや、僕のひとりごと、です(笑)。
 「私は、本当に身動き出来なくなって捨てちまいました(爆)。
それが失敗だったと知るようになったのは回廊さん、風さん、丈さんのせいです!!」いや、僕の名も、名士お二方のお隣に鎮座させていただけるとは・・・、誠に嬉しき限りです。
 「でも私は、今でも凛としている積りでおります。
今、こうしている私に、全てが詰まっていますから!」
 僭越ながら、まっくさんは、その通りであらせられるかと。僕は、本当のところは、どう、なんだろうなあ?・・・無くしたものが多過ぎる気が致します。
                        丈

 
2006-08-09 Wed 22:57 | URL | 美城丈二 #-[ 内容変更]
丈さん、こんばんは。

私は、本当に身動き出来なくなって捨てちまいました(爆)。
それが失敗だったと知るようになったのは回廊さん、風さん、丈さんのせいです!!
でも私は、今でも凛としている積りでおります。
今、こうしている私に、全てが詰まっていますから!
(ついでにお酒も・・・)
2006-08-08 Tue 23:53 | URL | まっく #-[ 内容変更]
top↑
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
top↑
| 美城丈二@魂暴風;Soul storm*a dawn note |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。