永遠を焦がれるままに。A writer;美城丈二Another face綾見由宇也
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
『向日葵、無残。』掌編寄稿・風友仁
2007-09-29 Sat 15:00
  ☆『向日葵、無残。』掌編寄稿・風友仁

 まだ、その花が咲き誇るには早過ぎた。
 八分咲きにもほど遠い。
 つぼみのままで流れてしまった・・・。

 長雨と雷雲が重なり合って、九州地方は未曾有の惨事を舐めた。ありもしない地平に湖は生まれ、濁流となって人々を飲み込んでゆく。
 窓辺越しの、向日葵の幹。それはお隣のものであったが、折りからの豪雨を受け、左へ右へとしなっていた。いまにもぷつりと折れそうに感じられ、そんな、その日の土曜日のこと、僕は自室でひとり、そんなこんなを本当のところは憂うこともせず、彼女ばかりを想っていた。
 彼女には子もあった。別れたばかりの彼女とその子供たちの安否を気遣うメール、僕はそれを彼女に送ろうかどうか、思案していたのだ。躊躇、する。いや、安否というよりも激励?・・・いや、この言葉もおかしい・・・編み、送信するばかりの段になって、僕はことをやめた。

  「返信は要らないよ。
  ひどい雨だね。子供たちもきっと今度ばかりは、
  脅えていることだろうね?
  君たちのことが心配だけれど、
  僕が君たちのところへゆくことは、
  大きなお世話だろうから、よすよ。
  明日には、雨もあがると言う。
  きっと、この一晩のことだろう。
  君も、ちょっと心細いだろうけれど、
  子供たちを守ってほしい。
  僕は、心から君たちのことを祈ってるよ。」

 そう、打ち込んで結局、送信しなかった。
 雨は、翌朝には小康状態となり、僕は同じ街に住む姉貴たちのことも気になって、車で駆けてみると、道ゆく道は無く、しかたないとばかりに歩んで行くことにした。ゆかるんだ家財道具が、庭一面を覆いつくしている、家屋。畳みらしきと想われるへの字に折れ曲がった、それら惨状。あそこの家も傾いている。泥土がへばりつく、いずこは白壁だったろう場所。壊れかけたドアー。濁流で、きっと跡形も無い畜産倉庫。TVだろ、冷蔵庫だろ、洗濯機に、洗面台、タンスだろ、CDプレーヤー、パソコン、家具調こたつに、掃除機だろ?、もう、どれもこれもが砂塵の荒野を踏みしだくかのように、僕のこころに自然の脅威の怖ろしさを代弁しているかのように、厭がうえにもはかなさを投げかけてくる。
 皆、押し黙り、暗い顔のまま、泥土をはらっていた。
 が、そのときだった。僕は、判然とある想いを抱き、すぐさま飲み込んだのだ。
 僕にはやっぱり、いまだに見えていない。
 まさに被災地の、今にも流されゆく人々の声無き声を、昨夜、僕は聞いたか?
 聞こえはしない。僕が考え付いたのは、彼女のことと子供たちのことばかり。
 これが、彼女が嫌った僕の欺瞞だったろうか?偽善だったろうか?
 これが僕の歪んだ情念、想念・・・信念、愛情?。
 それが君が遂に信じきれなかった、僕の気遣い、というものだろうね?
 天井にまで被った土砂を振り落としてみたり、地軸の動いた木造車庫をようやく、その体裁にもどしたりと、僕はその日の半日を姉貴のうちで過ごし、くたびれた足で自宅へと帰ってきた。そこには、いまでもひとりである。どっと疲れがでて、また降り出した雨を見つめつつ、僕は寝た。夜半に目が覚めた。見やると、窓辺越しに、あの向日葵がくず折れていた。茎だけのありようが、雨にそぼふる街灯に映えている。 
関連記事
スポンサーサイト
別窓 | 美城丈二“あの頃を憂う、いくつかの掌編物語” | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<宣言 | 美城丈二@魂暴風;Soul storm*a dawn note | 『揺れている、影。』>>
この記事のコメント
top↑
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
top↑
| 美城丈二@魂暴風;Soul storm*a dawn note |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。