永遠を焦がれるままに。A writer;美城丈二Another face綾見由宇也
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
宣言
2007-11-25 Sun 22:28
北の大地の片隅で僕らは仄(ほの)かな希望を信じて生きている。嘘つきだとかほら吹きだとか昔は散々言われたけれど安い情事で微(かす)かに蠢(うごめ)いてまま夢を語ったとしても楽しい気分にもなれやしないじゃないの。普通に僕も痛い想いをして更に恋をして日常に埋没してはきたけれど今ではまるで忘れちまったあの頃の情景が影絵のようにふらふらと浮かんでは霞(かす)んでいく。時代は変わってしまったよ。それでもいまにきっとと思いながら僕は陽も沈みゆく頃こうしてものを書いている。仄かな希望のなにがしか。また僕は10代の頃のようにさも平然と嘘をつきたい。そんな僕を僕は傍(はた)から語っちゃいけないよ。
関連記事
スポンサーサイト
別窓 | 或る、ささやかなる(呟きという名の)詩篇 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<こころ、添う。 | 美城丈二@魂暴風;Soul storm*a dawn note | 『向日葵、無残。』掌編寄稿・風友仁>>
この記事のコメント
top↑
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
top↑
| 美城丈二@魂暴風;Soul storm*a dawn note |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。