永遠を焦がれるままに。A writer;美城丈二Another face綾見由宇也
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
千の夜‐ある夏の日の朝 追文
2008-02-01 Fri 23:56
 或る日の真夏日夜半、僕はそれを編んだ。
 それは僕にしか編めない代物だなどという、不遜な思いこそ立ち消えて陽の眩い頃になり、ようやく澄んだ優しい心根にゆっくりと支配されていく感覚が僕の中で宿ってきた。確かに未だ焦れているという惑いは、或いはこのどこかで感じられるが、軽い、飢えの渇きを癒されたかのような、一盛りの清涼水を飲んだあとのような舌触り、心触りを僕は深く、この底で抱きつつ察したようだ。
 これで佳い、のである。誰だって崇高なる他者にはなれないから自分流儀でこれはこれで佳いやと思う。
 ペテン師は遂にペテン師から脱却し得ず、歳を重ねていくのだ。それもまた僕らしい何十篇と重ねてきた、繰り言のひとつなのさ。
 
 千の夜、
 僕はまた遂にそんな想いに
 至る破目と成った。
 微かに満足している自分を知る。
 愛するものが打ちのめされており
 僕はいまこそ助けに歩を進めねば。

 どうか、見えざる神よ。
 僕は更に一段、この千の夜を越えて行きたいのだ。
 脅えさせてくれるなよ。
 あのひとが慾するものを
 僕はいま既に携えていることだろう?
 行く、行かなければ。
 そうするしか、僕には
 残された結論は存しない。

 逃げ道を作ればまた元の目闇だ。
 北風吹きすさむ日々の憂いがある前に
 ことを天邪鬼化する秋の空が大口を開けて待っている。

 僕よ、飲み込まれる前に行け!!なのさ。
 答えはとうとう知れず、かも知れぬ。
 それでも前のめりになってでも
 背を振り返らぬ自分が必要なのだ。

 僕は僕を窺い知る。
 僕はいまこそ行かねばならない。
 
関連記事
スポンサーサイト
別窓 | 或る、ささやかなる(呟きという名の)詩篇 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<さよなら、僕の「甘い蜜月」 | 美城丈二@魂暴風;Soul storm*a dawn note | こころ、添う。>>
この記事のコメント
top↑
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
top↑
| 美城丈二@魂暴風;Soul storm*a dawn note |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。